今年も「オランウータンの森づくり」に参加・継続的な参加に感謝!!

~公益財団法人大阪特別支援教育振興会さま~

「社会の理解と協力を得て、障害児(者)の教育に関する事業を行い、もっと大阪の特別支援教育の振興・充実に寄与す」ことを目的に04年1月に設立された公益財団法人大阪特別支援教育振興会さまより、卒業生の記念に「感謝の植樹」を「オランウータンの森づくり」プロジェクトに2013年1月から取り組んで頂いていて4回目となります。

このオランウータンの森づくりプロジェクトは、わたしたち人間の活動により、森を奪われ家なき、母親なしになった「オランウータン」のリハビリセンターの周辺の森をオランウータンの住める森に育てたいとの願いから2003年この施設開設当初より取り組んでいます。

2016年1月11日、BOS日本の代表宮崎林司が訪問し、今年は昨年の大森林火災被害を受けたエリアで森の再生のための植林を行って参りました。

卒業生に皆様ともども植林した木々が順調に育ち、大きな森を構成してくれることを願っています。
植林した樹種は、果物のなる「ドリアン」、「ランブータン」そして将来森の主木に育つ「赤メランティー」、「カポール」、「イエローメランティー」の5種類を混植してきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です