申し訳ありません。オランウータンの支援活動を休止いたします

1997年7月に
インドネシア東カリマンタン州のバリックパパン市郊外のワナリサットにあった

オランウータンのリハビリセンターを初めて訪問した時から20年余りになりました。

この間さまざまな個人の皆さんや法人の皆さんにご寄付をいただいたり、

会員として支援をいただきこれまで支援活動を続けてこられたこと

心より感謝申し上げます。

現地側も当時はバリックパパン オランウータン サバイバルソ サエティーという

団体でしたが、その後2003年に現在の財団に改組されました。

現在まで継続して支援活動を行ってまいりましたが、根本的な部分で人的、経済的に支援

をつづけてきました(株)ビーボコーポレーションの事業の縮小のなかで

苦しい運営を強いられてまいりました。

この4年余り他の一般個人や企業から十分に活動資金と人材が得にくい状況に陥っており、

存続について腐心してまいりましたが、引き継ぐべき資産もない状況で、

後継に継承していただくことも困難と判断し活動を休止することいたしました。

オランウータンを取り巻く環境はますます困難になってきておりますが、

BOSインドネシア本部が政府にも後押しされて、

これまで以上に自然界へのリリース積極的に取り組んでおります。

オランウータンの保護の問題が解決したわけではありませんので、

休止は断腸の思いですが自身の体制を立て直すために已む得ない決断を

させていただきますことご報告させていただきます。

なお、今後は「オランウータンの森づくり」につきましては

別のNPOアジア植林友好協会に引き継ぎます。

その他の部分は、一個人としてできる限りオランウータンの

支援にはかかわってまいる所存でございます。
(今後は NGO BOS-Japanとして)

長い間にわたりご支援をいただきました

すべての皆様に心より感謝申し上げます。

ありがとうございました。

BOS日本 宮崎林司

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です