第14期 2016BOS日本活動報告ができました

1996年から支援活動を初めて20年、2003年6月に日本のNPO法人として、ボルネオオランウータンサバイバルファウンデーション日本(BOS日本)を設立して14年目を迎えております。活動できる人材が少なく、また活動資金が少ない中で、十分な活動ができないことは残念ではありますが、長い期間活動を続けてこられていることに、皆様に心より感謝を申し上げます。

オランウータンの生存環境は、地球全体の自然環境の劣化と温暖化の進行による気候変動そして一番大きな天敵「人間」の活動により、住処を奪われて追い出され、食糧を求めてさまよえば捕まえられ、傷つけられ、時には命を奪われています。

生存できる天然林の減少と果実類の少ない森になってしまうなどいつも生命の危機と隣り合わせで生きています。私たち人間にとっても生命を繋いでゆくために不可欠な熱帯雨林の多様性を維持してきてくれた「オランウータン」を自分のできる範囲で守ってゆきたいと願って活動しています。

小さな力ですが「オランウータンの生命を守ってゆきたい」との願いだけで取り組んでおります。オランウータンの生命を守ることは、私たち人間の未来の生命を守ることです。この報告書は日頃ご支援をいただいています皆様への報告でありますと同時に、ひとりでも多くの皆様に知っていただきたいとの想いで制作いたしました。

平和で安心安全な地球環境を次世代に引き継ぐための活動だと考え取り組んでおります。このような活動に目を向けていただき、より多くのみなさまにご参加・ご支援をしていただければと願っています。~明るい地球の明日のために~

2016年版BOS日本活動報告※ご希望はinfo@bos-japan.jp までお申込みを(無料)

bos報告2016-0001 bos報告2016-0001OUmombaby4

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です