みんなでオランウータンを森のおうちへ

現在では世界でもインドネシアのカリマンタン島とスマトラ島そしてマレーシアのボルネオ島にしか生息しない、絶滅危惧種のオランウータンを守る新しい取り組みが始まります。

世界的にも環境認識の高い企業では保護活動に取り組みが進んでいますが今回インドネシア法人アジアパルプ&ペーパー株式会社の日本での「紙」製品の販売を行っているエイピーピージャパン(株)の新たな取り組みが始まります。

同社が日本販売するコピー用紙に「みんなの紙で、地球にいいこと」のキャッチフレーズと「森のお友達を森のおうちに」とオランウータンのイラストを入れたマークをコピー用紙の包装紙に印刷した販売が始まります。

日本では意外に知られていない、私たち人間に一番近い類人猿の1種である「オランウータン」をより多くの皆さんに興味と認識を高めていただくという啓蒙活動につながります。このことにより、ひいてはオランウータンの保護活動を後押することにつながるものと期待しています。

同社ではこの取り組み以外にもオランウータンの自然復帰の活動への資金的な支援も実施していただいています。

インドネシアやマレーシアの天然林を伐採して、オランウータンを追い出し直接的な加害者である日本企業が見て見ぬふりをしている中、直接の加害者ではないAPPJ社が積極的に取り組んでいただけることに心より感謝しています。

せっかくの機会ですので皆様もコピー用紙の購入する機会にAPPJ社のポピー用紙を選択して、オランウータンの保護支援、ひいては子供たちの未来の地球環境の保全に役立つ行動をしていただけることを願っています。感謝!!bosキヤンペーン-0001 (2) bosキヤンペーン-000110

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です