オランウータンを自然復帰させたい~あなたも加害者?~

絶滅危惧種

「オランウータン」を自然の森に還す

私達BOS日本は2003年より森を追われたオランウータンを保護し、訓練をするインドネシアの団体「ボルネオ オランウータン サバイバルファウンデーション」=BOS財団の支援活動をしています。

「自然の森」に生存できない「オランウータン」は日本の商社や林業会社による森林伐採そして大きな木のないエリアにパームオイルのプランテーションが開発されています。1960年代後半から年々大規模な森林破壊が進み住処を追われ続けています。

BOS財団では、2010年末に全世界の皆様のご支援によりオランウータンの自然復帰のための森林86,450の保護管理権を政府より獲得して、この森にオランウータンを還す活動を進めています。次世代にもこの種の保存を進めるためにも、熱帯雨林の生物多様性を維持するためにも、私たちもオランウータンの住処、熱帯雨林を壊し、今もパームオイルの使用を通じて間接的に彼らの住処を壊し続ける日本人としてオランウータンの自然復帰の支援活動を行っています。

木材を使ったり、日常生活でパームオイルを使っている私たち日本人は、抵抗できないオランウータンを追い詰めていることを知り、パームオイルは極力消費しないように心掛けることから始めてほしいと願っています。オランウータン画像②ehon1

 

国際自然保護連合(IUCN)により絶滅危惧種として 分類されているボルネオのオランウータン自然復帰の目的は

(1)保護の実態と、保護のされていないものの生態についての情報を提供すること (2)他の絶滅危惧種の生態系の健全さと持続性を維持すること (3)適切、安全な生息についての認識をすること (4)自然保護や温暖化ガスの削減にとっても関連ある責任があること (5)生息域の保護について民間レベルと共通の認識で取り組むこと などがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です