オランウータンの支援活動を始めたころの苦労話など

・はじめたころの苦労話など

わたしたち人間のエゴにより、劇的に減少を続ける熱帯雨林をこれ以上減らないようにしたい、「熱帯雨林を保護し、植林により再生をしたい」という想いがあります。オランウータンはその被害者の象徴的な存在なので、より多くの皆さんに気づいてほしいと願い活動を始めました。

もともと自分の身の丈にあった支援しようと思って、2003年にNPOを設立しました。専従的な人材を投入して寄付をしていただける方や企業を募りましたが、力及ばず、あまり多くの支援を頂くことが出来ませんでした。

支援が少ない中で専従のスタッフも維持できない状態になりながらも今日まで13年余り続けてこられたのは、結果的には多くの皆様のご支援を頂けたおかげだと思っています。

この活動の背景には、昔自分がサラリーマン時代にオランウータンの住処の熱帯雨林を伐採して彼らを追い出してしまったという後悔の念があります。ですから、この活動で苦労を感じることはありませんでした。

ただ、オランウータンを追い詰めた経済優先の人間活動の代償として、オランウータンが追いつめられていることを継続的に正しく伝えることの難しさを感じ続けています。

・BOS日本がどんな活動をしているのか

現在14か国にあるインドネシアの世界最大の霊長類・オランウータンの保護団体を支援する団体のひとつです。一言でいえば「オランウータンの現状を日本国内で伝えて、支援者を増やし、寄付金をいただいてインドネシアの本部に資金提供をする活動」です。

オランウータンについての情報発信をして、啓蒙活動をするにも人材不足や継続的に参加してくれるボランティアの確保など難しい点があります。

他には、身近に知っていただくためにリハビリセンター現地訪問ツアーを原則的に年に一度ぐらいンペースで実行しています。実際に現場を訪問して、身近にオランウータンをみて感じていただく他では得られない機会なのでもっと回数をふやしてゆきたいと願っています。

現地の状況報告を適宜伝えて、日本の皆さんに一人でも多くの理解者、支援者を獲得するように努めています。

オランウータンは彼らの生活の中で熱帯雨林の植生の適正分布にも貢献して、生物多様性の維持に大きな貢献をしています。地球生命の原点のような問題ですので、若い方に引き継いでもっと力強い活動にできることを 願っています。

 

サンボジャのオランウータン2013年11月サンボジャのオランウータン2013年11月

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です