リハビリ運営をサポート

自然復帰を目指してリハビリ訓練の施設を応援しよう!!

私たち人間の活動により森を追われたオランウータンはそのまま森に戻しても生きてゆけません。
そのために自然復帰のためにさまざまな訓練を女性のスタッフのみなさんが日々活動しています。
東カリマンタン州のサンボジャ地区に「Samboja Lestari」,中カリマンタン州に「Nyaru Menteng」の再導入のためのプログラムを実行している施設があります。
私たちBOS日本は、1994年に設立された東カリマンタン州のサンボジャ地区にあるリハビリセンターの支援を1996年から行っています。この施設の運営は世界各国の皆様からの支援金により運営されています。

※サンボジャのリハビリセンター本部の建物

サポーター募集

★サンボジャレスタリ・リハビリセンターにおける「東カリマンタンオランウータン再導入プログラム」の日常活動を支援していただくサポーターを募っています。
この施設で220頭が再導入プロジェクトの対象となって訓練をしています。
BOS財団の運用コストUS$ 3,500/オランウータン/年かかっています。

施設維持費
クリニック、赤ちゃん部屋
隔離ケージ、社会化ケージ、森の学校、
オランウータンアイランド、
ハーフウェイ・ハウスなど
飼育費用
医療ケア、
フルーツと食物の補給、
世話人と専門家

★お好きな日数でサポート★

  • (1)1日サポート費用は¥1,200/日/頭
  • (2)10日サポート費用は¥12,000/10日/頭
  • (3)30日サポート費用は¥36,000/1か月/頭
サポート日数

★年間でサポート★

  • 1年間サポート費用は¥360,000/年/頭