オランウータンリハビリセンターの山火事あとの植林

オランウータンの森2 (1)

PLAZA CREATE Digital Camera
PLAZA CREATE Digital Camera

 

火災後の草原から15年余りかかって育ってきた2次林が今回の森林火災でほとんどが枯れて無残な姿になっていました。

今年の1月に昨年の山火事被害の森を訪問してひとりで50本の植林を行いましたが、その時に現場の人から被害を受けた面積が約300㌶あり、地元のコカコーラなど企業や団体からの寄付はあるけれどまだまだ全然足りない状況であることお金を出してもらったり、苗木を寄付してもらっても植林のために労働者を確保できないことも問題なんだと教えられました。サンボジャレスタリ・リハビリセンターには約200人の人たちが働いていますがそれぞれが役割があり、山火事後の植林という非日常的な活動には参加できないということでした。

オランウータンの森2 (2)

そこで4月には私を含めて三名の日本人で200本の植林を実行してきました。植林した植林した樹種は、果物のなる「ドリアン」、「ランブータン」そして将来森の主木に育つ「赤メランティー」、「カポール」、「イエローメランティー」の5種類を混植してきました。早く大きくなって実をつけてオランウータンの食事になってくれることをねがっています。

ランブータン マンゴスチンの樹  カポールイエローメランティー

オランウータンを自然復帰させたい~あなたも加害者?~

絶滅危惧種

「オランウータン」を自然の森に還す

私達BOS日本は2003年より森を追われたオランウータンを保護し、訓練をするインドネシアの団体「ボルネオ オランウータン サバイバルファウンデーション」=BOS財団の支援活動をしています。

「自然の森」に生存できない「オランウータン」は日本の商社や林業会社による森林伐採そして大きな木のないエリアにパームオイルのプランテーションが開発されています。1960年代後半から年々大規模な森林破壊が進み住処を追われ続けています。

BOS財団では、2010年末に全世界の皆様のご支援によりオランウータンの自然復帰のための森林86,450の保護管理権を政府より獲得して、この森にオランウータンを還す活動を進めています。次世代にもこの種の保存を進めるためにも、熱帯雨林の生物多様性を維持するためにも、私たちもオランウータンの住処、熱帯雨林を壊し、今もパームオイルの使用を通じて間接的に彼らの住処を壊し続ける日本人としてオランウータンの自然復帰の支援活動を行っています。

木材を使ったり、日常生活でパームオイルを使っている私たち日本人は、抵抗できないオランウータンを追い詰めていることを知り、パームオイルは極力消費しないように心掛けることから始めてほしいと願っています。オランウータン画像②ehon1

 

国際自然保護連合(IUCN)により絶滅危惧種として 分類されているボルネオのオランウータン自然復帰の目的は

(1)保護の実態と、保護のされていないものの生態についての情報を提供すること (2)他の絶滅危惧種の生態系の健全さと持続性を維持すること (3)適切、安全な生息についての認識をすること (4)自然保護や温暖化ガスの削減にとっても関連ある責任があること (5)生息域の保護について民間レベルと共通の認識で取り組むこと などがあります。

オランウータンの森づくり~山火事後に木を植える~

昨年発生したエルニーニョのために大きな森林火災が発生し中カリマンタンや南カリマンタンではオランウータンも火災の被害を受けています。

東カリマンタでも火災がありオランウータンのリハビリ施設のあるサンボジャエリアでも火災の被害を受けました。このために今年の1月から再生のための植林を始めています。今回3月30日から4月7日までインドネシアのバリ島=世界平和の森づくり、東カリマンタンではサンボジャの火災被害地の再生=オランウータンの森づくり植林を3人で4月4~5日にしてきます。

300㌶弱の被災地の中ではまだまだわずかですが、すこしづつ実行してゆきたいと思っています。写真は1月に訪問して植林したときのものです。

PLAZA CREATE Digital Camera
PLAZA CREATE Digital Camera
PLAZA CREATE Digital Camera
PLAZA CREATE Digital Camera
PLAZA CREATE Digital Camera
PLAZA CREATE Digital Camera

オランウータンの支援にLine のスタンプ

近くの住人の青年、長山仁彦さんがかわいい「Line Stamp」を作成してくれました。
知っているようであまり知られていない 「森の人」オランウータン「もっともっと身近に感じてほしい」との想いで長山君という青年にお願いをしていましたが、素敵でかわいい「オランウータンのスタンプ」を完成してくれました。
ぜひ、活用して、今まで以上に私たち人間の活動により絶滅の危機の「オランウータン」を意識していただければと願っています。

★LINE STORE URL★
http://line.me/S/sticker/1184748

読売テレビ かんさい情報ネット  オランウータンについて放映

2016年1月6日読売テレビの「かんさい情報ネット」という番組のなかで「からくり×タカオカ目線」「インドネシアSP」として放映されました。

昨年12月に現地取材をされて、世界が注目するインドネシアのアニマルマーケットに潜入、アニマルマーケットには色々な動物がいる様子が伝えられた。ただ裏では違法取引があり、代表的なものがオランウータンの密輸だと伝えた。

国連の世界自然保護連合(IUCN)で絶滅危惧種に指定されているオランウータンですが今なお、ペットとして取引がされている事実を伝えて、保護活動の大切さが多くの視聴者の皆さんに伝わることを願っています。

 

Why?オランウータンの保護について講演

2016年2月1日、3年前からオランウータンの保護活動に多大な支援をいただいているエーピーピージャパン株式会社(APPJ)の本社でオランウータンの保護活動の大切さと必要性について講演をさせていただきました。

これまで同社にはBOSインドネシアの取り組むオランウータンの復帰のために多大な支援をいただいてきましたが、さらに、今後も同社のコピー用紙の販売活動を通じて、継続的に支援をしていただける仕組みづくりを始めるために講演・説明会を行いました。

このような自然保護活動は、継続的な支援が大切です。今回、この講演を機会にこれまで以上に積極的に取り組んでいただける同社の姿勢に感謝するとともに、一般消費者の皆さんも同社のコピー用紙の購入により、「絶滅の危機のオランウータンの保護活動の支援をしていただける」という役割を果たしていただけることは大きな第一歩と感謝いたしております。APPJ  http://www.app-j.com/

 

今年も「オランウータンの森づくり」に参加・継続的な参加に感謝!!

~公益財団法人大阪特別支援教育振興会さま~

「社会の理解と協力を得て、障害児(者)の教育に関する事業を行い、もっと大阪の特別支援教育の振興・充実に寄与す」ことを目的に04年1月に設立された公益財団法人大阪特別支援教育振興会さまより、卒業生の記念に「感謝の植樹」を「オランウータンの森づくり」プロジェクトに2013年1月から取り組んで頂いていて4回目となります。

このオランウータンの森づくりプロジェクトは、わたしたち人間の活動により、森を奪われ家なき、母親なしになった「オランウータン」のリハビリセンターの周辺の森をオランウータンの住める森に育てたいとの願いから2003年この施設開設当初より取り組んでいます。

2016年1月11日、BOS日本の代表宮崎林司が訪問し、今年は昨年の大森林火災被害を受けたエリアで森の再生のための植林を行って参りました。

卒業生に皆様ともども植林した木々が順調に育ち、大きな森を構成してくれることを願っています。
植林した樹種は、果物のなる「ドリアン」、「ランブータン」そして将来森の主木に育つ「赤メランティー」、「カポール」、「イエローメランティー」の5種類を混植してきました。

ダミーニュース3ダミーニュース3ダミーニュース3

ダミーニュース3本文ダミーニュース3本文ダミーニュース3本文ダミーニュース3本文

ダミーニュース3本文ダミーニュース3本文ダミーニュース3本文ダミーニュース3本文ダミーニュース3本文ダミーニュース3本文ダミーニュース3本文ダミーニュース3本文ダミーニュース3本文ダミーニュース3本文ダミーニュース3本文ダミーニュース3本文ダミーニュース3本文ダミーニュース3本文ダミーニュース3本文ダミーニュース3本文ダミーニュース3本文

ダミーニュース2ダミーニュース2ダミーニュース2

ダミーニュース2本文ダミーニュース2本文ダミーニュース2本文ダミーニュース2本文

ダミーニュース2本文ダミーニュース2本文ダミーニュース2本文ダミーニュース2本文ダミーニュース2本文ダミーニュース2本文ダミーニュース2本文ダミーニュース2本文ダミーニュース2本文ダミーニュース2本文ダミーニュース2本文ダミーニュース2本文ダミーニュース2本文ダミーニュース2本文ダミーニュース2本文

ダミーニュース1ダミーニュース1ダミーニュース1

ダミーニュース1本文ダミーニュース1本文ダミーニュース1本文

ダミーニュース1本文ダミーニュース1本文ダミーニュース1本文ダミーニュース1本文ダミーニュース1本文ダミーニュース1本文ダミーニュース1本文ダミーニュース1本文ダミーニュース1本文ダミーニュース1本文ダミーニュース1本文ダミーニュース1本文ダミーニュース1本文ダミーニュース1本文ダミーニュース1本文ダミーニュース1本文ダミーニュース1本文ダミーニュース1本文